-

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨ペアを売買して利幅を生む商品です。買ったり売ったりの値は1日中変動しています。これがレートです。インターネットを見ていると市場の情報が流れる状況があります。よくあるのが「本日のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。これは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを示しています。別の表現をするとFXには買いと売りの両方の価格が存在します。売値、買値の事を別の言い方で表現しているFX会社も存在しています。いつもは売値の方が安価になっています。現実に買値は高く、売値は低くなります。その差分をスプレッドといい会社の収入といわれています。スプレッドの狭さはFX会社によって変化します。スプレッドは負担になるので小さい取引業者を選択するほうが得します。ただ、状況によってスプレッドの狭さは変動します。日常的には円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの幅だったとしても為替相場の上下がかなり激しいケースでは広くなったりします。そういう訳で、スプレッドが小さいのと合わせて、変化しないということが不可欠です。最近では決まったスプレッドの幅を示すFX業者も多数あります。リアルに取引会社の取引画面の中で本当の相場を見て確認しなければ評価できないのでわずらわしいですが、不可欠な事です。重要な投資資金を預けて注文をするのですから実際の売買の前に、心惹かれたFX会社の新規口座開設を試して、スプレッドの広さを確認しましょう。同じ通貨の組合せ、相場の状況によって通貨ペアのスプレッドの幅は異なります。通常、銀行間取引市場で流動性の高い通貨の組合せではスプレッドが狭く、別の通貨ではスプレッドが広がるのが一般的です。